iPhoneSEは、iPhone5Sの「正常進化版」だ

外観はiPhone5Sとほぼ同じ

これがiPhone SEだ(写真:AP/アフロ)

アップルは現地3月21日に新製品発表イベントをカリフォルニア州クパチーノの本社で開催した。常に注目を集めるアップルの新製品発表だが、その内容は事前の予想通りで、iPad ProとiPhoneの小型版が発表された。

注目の小型版iPhone(iPhone 5Sの復刻版とも言える)は16ギガバイトメモリモデルが399ドルの設定。アルミニウムを多用し指紋認証も備えたiPhone 5Sの正常進化版として注目を集めている。

ただ後述するが、日本では割高な価格設定だ。高価格であっても、それ以上の付加価値があるならば、高いという印象は受けないだろうが、売れ行きにそれなりの影響を与える可能性がある。

外観はiPhone 5Sとほぼ同じ

小型iPhoneはの正式名称は「iPhone SE」。外観はiPhone 5Sとほぼ同じだが、iPhone 6S世代で導入された最新プロセッサA9を搭載し、新色のローズゴールドモデルを用意する。プロセッサパフォーマンスは5Sの2倍、グラフィクスは3倍という。カメラなどの付加機能も最新のものにアップグレードされており、iPhone 6Sのスペックをコンパクトな4インチディスプレイのiPhone 5Sと同じ筐体に詰め込んだ製品と言えば間違いはないだろう。

いわば、最新技術を盛り込んだiPhone 5Sということになるが、基本的な性能の向上に加え、指紋認証の速度向上など最新のiPhoneトレンドを取り込むことで”廉価版ではない”iPhoneのバリエーション機種を用意するというのが、本来の意図だろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT