iPhoneSEは、iPhone5Sの「正常進化版」だ

外観はiPhone5Sとほぼ同じ

iPhone SEは質感やデザインも、かつての最上位モデルとほぼ同じ。ただし、普及機種という位置づけも捨てていないため価格は安価になっている。

先進国におけるiPhone 5S以前の機種のユーザー(アップルによると4インチクラスのiPhoneを使い続けているユーザーは3000万人もいるという)はもちろん、中国を含む新興国でより幅広い消費者に訴求することを意図したのだと考えられる。

米ドルでの価格は16ギガバイト版が399ドルで、たしかに現行のシリーズに比べ、格段に安い。カメラやLTEの対応周波数などを含め、性能が同等であることを考えれば、かなり良心的な価格設定といえる。

1ドル132円換算で値付け

現在の為替レートに照らし合わせれば、日本では4万5000~4万6000円ぐらいが適当だろうか。

しかし、実際には1ドル約132円換算となり、米国版の399ドルに対して5万2800円という価格が付けられた。

この換算値はiPhone SE特有のものであり、小型版のiPad Proに関しては米ドルに対する換算価格について従来機種との統一(1ドルあたり112円前後)が採用されている。この価格設定は、手持ちのデバイスをコンパクトにまとめたい利用者の心を掴む可能性が見込めるとともに、”高価”という印象も与えるかもしれない。

ただiPhone SEは3キャリアから売られるため、それぞれ競合に勝つために、工夫をした料金パッケージを用意することになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。