iPhoneSEは「廉価版」ではなく「高級機」だ

アップルが投入する「小型iPhone」の実力

2013年9月に発売されたiPhone5sシリーズ。やはり、このサイズが最強だったのか?

iPhone 6sシリーズの伸び悩みが指摘される中で、アップルは次なる新商品を明らかにする。3月21日の発表会で、どのような商品が出てくるのだろうか。そして、その新しいラインナップにアップルはどのような戦略を込めているのだろうか。

iPhoneSEとは何者か?

今回、アップルが用意しているのは、従来のiPhoneシリーズとは別仕立てのラインナップである「iPhone SE」だ。当初は3月15日に比較的小さな規模の発表会を予定していたが、発表規模をやや拡大した上で時期を21日に切り替えている。

2013年9月発売の「iPhone5c」は廉価版という位置づけだったが、今回はそうではないようだ

発表会ではiPhoneSEだけでなく、iPad Air2にiPad Proの性能と機能要素(Smart KeyboardとApple Pencilへの対応)を組み込んだ新型iPadも案内される予定だ。付随して他のiPadモデルラインナップにも手が入る可能性がある。

さて注目のiPhone SEとはどのような端末なのか。関係者筋によるとiPhone5で採用されていた4インチ液晶パネルを採用したコンパクト機になるようだ。しかし、これはかつての「iPhone 5c」のような”廉価版”ではなく”コンパクトな高級機”となる模様だ。動作周波数や搭載メモリ量などは確認できていないが、性能レベルは最新のiPhone 6sシリーズと同等(Apple A9プロセッサ搭載)になる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。