iPhone新製品「3月発表」に込められた"狙い"

アップル「再拡大」のカギ握る3つのテコ入れ

昨年11月10日イタリアの大学で講演を行うティム・クックCEO。3月21日のプレスイベントではどのような戦略が飛び出すのだろうか(写真:AP/アフロ)

アップルは米国時間3月21日に、カリフォルニア州クパティーノにある本社で、メディア向けのイベントを開催する。既に報じられているように、新型となる4インチサイズのiPhone SE、そして9.7インチ版のiPad Proの登場が期待されている。

これらの製品は、アップルのビジネスの中で、3つのテコ入れを施すことになるはずだ。以下、その戦略の詳細を占っていこう。

置き去りになっていた小型iPhoneへのニーズ

1つ目のテコ入れは、「置き去りになっていたユーザー」。大成功したiPhoneの大画面化で置き去りになった人々の、新モデルへの買替え需要の喚起だ。

Piper Jeffrayが2015年12月に発表した調査によると、20.3%の米国の消費者が、4インチのスマートフォンを好む、という結果が出ている。アップルはiPhone 6登場の2014年以降、2013年に発売したiPhone 5sを併売してきた。4インチのスマートフォンを好んで使い続けたい人、そして新たに4インチのスマートフォンが欲しい人にとっては、2年前のiPhoneしか、選択肢がない状態だったことを意味する。

次ページ大型化したiPhoneのシェアは意外に低い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。