iPhone新製品「3月発表」に込められた"狙い"

アップル「再拡大」のカギ握る3つのテコ入れ

またApple Insiderによると、RBC Capital Marketsのアナリスト、Amit Daryanani氏は、4.7インチ、5.5インチの大型化されたiPhoneは、インストールベースで40%しかないと指摘する。前述の4インチを好むユーザーと、よりコストが安いiPhoneを求める人々によって、60%が構成されている。

4インチのiPhoneを使っている限りは、より高性能なカメラや、高速に動作するプロセッサ、Apple Payといった、「最新のiPhoneの機能」にはアクセスできないのが現状。そこでアップルは最新の技術を導入した「高性能な4インチサイズのiPhone」を登場させることで、取りこぼしていたニーズに応えようとしているのだ。

前述のDaryanani氏によると、新しい4インチのiPhoneによって、年間1000万台から1500万台が、新たに積み増されると試算している。これは確実にアップルのiPhone販売台数の成長に貢献するだろう。

季節変動を埋める可能性

2つめのテコ入れが「激しすぎる季節変動を緩やかにする」というものだ。

アップルの四半期ごとの決算をみると、あらゆる製品カテゴリで、10-12月期に当たる第1四半期決算に最も多くの売り上げと利益が計上されてきた。感謝祭からクリスマスにかけてのホリデーシーズンが含まれ、消費者の購買が活発になる点、そして、例年9月末に発売される新型iPhoneの需要が、こうした数字を作ってきた。

アップルはこれまでも、3月(iPad等発表)、6月(世界開発者会議での製品発表)、9月(iPhone新製品の発表)というタイミングで、メディア向けの発表イベントを開催しており、Macやソフトウェアは随時新製品へのアップデートが行われてきた。

しかしiPhoneの販売が主力となっているアップルは、9月の発表とこれに続く第1四半期に需要が集中してしまうことで、iPhoneの生産体制を整えていく上でもリスクが大きくなっているのではないだろうか。

小型ながら、3月にもiPhoneの発売を計画することは、こうした「9月集中」の体制を変化させることにつながるのではないか、と考えられる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT