iPhoneSEには、巨大な市場が広がっている

先進国にも新興国にも莫大な需要

9.7インチのiPad Pro

もう1つの新製品は、9.7インチのiPad Proだ。アップルは2015年12月に12.9インチiPad Proを発売した際、クリエイティブ、プロ向けを強調してきた。しかし今回発表されたiPad Proは、プロではなくむしろ、パソコンを何年も買い換えていない一般の人々に向けた製品と位置づけている。

iPhone SEがiPhone 6sと性能面で同等であるように、9.7インチiPad Proも、12.9インチモデルの性能を踏襲する。A9Xプロセッサの搭載、4スピーカー、Smart Connectorを経由して接続できるSmart Keyboardへの対応、そしてApple Pencilのサポートは盛り込まれた。

背面にフラッシュを搭載

しかし9.7インチiPad Proには、これらに加えて、新たな仕様も盛り込まれている。まず背面カメラは、iPhone 6sと同じ1200万画素センサーを搭載し、4Kビデオ撮影に対応した。またiPadとしては始めて、背面のフラッシュを搭載した。

加えて、ディスプレイには新たに「True Tone」という仕組みが採用された。蛍光灯や白熱球などの照明に応じて、白い紙の色は変化する。

iPad Proでは、環境光センサーで周囲の照明の色味を検知し、自動的に照明に合わせた色の変化を施す仕組みだ。例えば書類や書籍を読んでいる際、より紙に近い経験ができるようになる。

次ページiPad Proの価格は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。