クラウドは、どうマーケティングを変えるか

米国のイベントで明らかになった「最先端」

Adobe Summit 2016はMarketing Cloudの刷新と活用、そして事例の共有に主眼が置かれていた
 Adobe(アドビシステムズ)は、米国時間3月22日から24日まで、米国ネバダ州ラスベガスで、デジタルマーケティングのカンファレンス「Adobe Summit 2016」を開催。1万人を超える参加者が、最新のマーケティングテクノロジーと最新の事例について議論を交わした。その模様を現場からリポートする。

3つのクラウドの主役は「マーケティング」

アドビには、デジタルデザインのためのソフトウェア群「Creative Cloud(クリエーティブ・クラウド)」と、Acrobatを核とした「Document Cloud(ドキュメント・クラウド)」、そしてデジタルマーケティングのための「Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)」の3つのクラウドがある。

今回のAdobe Summitは、マーケティング・クラウドの刷新と活用、そして事例の共有に主眼が置かれていた。マーケティング・クラウドの新機能としては、メールの件名の自動提案、A/Bテストの自動化、複数デバイスと個人を認識しやすくする機能、データを用いたクリエーティブの最適化などが追加された。

また、アドビが用意するソリューションに加えて、エコシステムを発表。250を超えるパートナー企業が提供するサービスやシステム構築を用いて、自社のビジネスにマーケティング・クラウドを取り入れることができるようになる。

顧客との接点を作り、深い関係を広げ、ビジネスを拡大させる。マーケティング・クラウドは先進テクノロジーを導入しながら、ビジネスそのものを変革しようとしている。

次ページエクスペリエンス・ビジネスとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT