iPhoneSE、触って使って分かった「真の実力」

4インチユーザーが買うべき3つの理由とは?

iPhone SEは、4インチ最強のスマートフォンだ

アップルは3月21日に開催したイベントで、新型となるiPhone SEを発表した。3月24日から予約が始まっており、3月31日に発売される予定だ。最新のiPhoneを一言で言えば、「4インチ最強のスマートフォン」だ。

アップルによると、世界では約4割、中国では約6割が「初めてのスマートフォン」として4インチのiPhoneを選択しているという。2015年にアップルは4インチモデルを3000万台販売しており、先進国では若年層、新興国では「入門機」として選ばれるのが4インチ機である。その4インチ機で、最新の体験ができるようにするためのモデルが、iPhone SEだ。

変わらない小型・軽量デザイン

今現在、好んで4インチのiPhoneを使っている人にとっては、間違いなく朗報である。これまで通りのコンパクトで手に馴染むデザインのまま、iPhone 6sと同等の性能を手に入れられるからだ。

iPhone SEは、2013年に最新モデルだったiPhone 5sのマイナーアップデート、と位置づけると、誰がターゲットになっているのか理解できる。そのため、デザインとハードウェアの一部は、iPhone 5sの仕様が据え置かれており、最新ながら、ラインアップの中でiPhone 6sの下位に位置するモデルとなる。

では、4インチユーザーが「買い替えるべき理由」を3つに分けてみていこう。

次ページ買い替えるべき理由、その1は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。