企業のアプリは不要?Facebookの強烈戦略

「メッセンジャー」が、すべての窓口になる

フェイスブックは、メッセンジャーを非常に重要なツールとして位置付けた

フェイスブックのメッセージングアプリとして知られる「メッセンジャー」。友達とチャットや電話をするツールとして使用している読者は多いのではないだろうか。フェイスブックは、このメッセンジャーをことのほか重視しているようだ。

メッセンジャー、360度ビデオ、ライブビデオ

そのことが明らかにされたのは4月12日と13日に開かれた開発者向け年次イベント「F8」だ。サンフランシスコ・フォートメイソンセンターで行われたこのイベントで、フェイスブックは「メッセンジャー」「360度ビデオ」「ライブビデオ」を披露した。

特にメッセンジャーは、ビジネス向けの重要ツールとして位置付けていた点が印象的だった。ユーザーと企業との会話を自動化する「Bots for Messenger」からは、メッセンジャーが新たな販売経路となる未来が見えた。

その詳細を見る前に、イベントの冒頭スピーチを紹介しておこう。マーク・ザッカーバーグCEOは集まった開発者を前に「フェイスブックが描く10年のロードマップ」を披露し、世界最大のコミュニティで、今後の何が起きるのかを紹介した。

フェイスブックは、現在の取り組みを次のように整理した。

次ページフェイスブックの現在の取り組みは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT