フェイスブックが動画広告の規制を緩和か

スーパーボウルでテストを実施?

できの悪い広告はできる限り排除したいという企業の思惑があった(写真 : ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

Facebookの動画広告ポリシーの改定に関わっている大手パブリッシャーの情報筋によると、同社はパブリッシャーに対する動画広告ポリシーの緩和をはじめているという。これまで、Facebookへプロモーション費の支払いがない場合、宣伝色の強い動画を禁止していたが、今後はこのポリシーが緩められる可能性が出てきた。

これまでは「広告動画」を削除してきた

厳密には、広告主が制作費を出した動画などは、Facebookにおけるオーガニックコンテンツとして表示してはいけない決まりとなっている。パブリッシャーがブランドの依頼で製作した動画や、あからさまなプロダクトプレイスメントが行われている編集動画などを削除することで、Facebookは知られていた。

しかし、今回の動画広告ポリシーの改定により、いくつかのパブリッシャーは「提供(sponsored by)」という文言付きで、ブランドの動画を投稿できるようになった。

「以前までは、Facebookに許可されていなかったが、ブランド側によるコンテンツの管理をFacebookが徐々に認めはじめている」と、この新たな動画広告ポリシーの検証に参加している大手パブリッシャーの情報筋はコメント。いまのところ、Facebookは外部のパブリッシャーとの取り引きには応じていないという。また、Facebookは米DIGIDAYの取材に対しても何も語ってはくれなかった。

次ページスーパーボウルでテストを実施?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。