ドイツ発「自家製インスタント記事」の実力

サムスンとの協業でFacebookに対抗

ドイツのメディア企業であるアクセル・シュプリンガー(写真:AP/アフロ )

サムスンと生み出した「アップディ」

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

ドイツのメディア企業であるアクセル・シュプリンガー(Axel Springer)は、トラフィックを呼び込むためにサードパーティーのプラットフォームへ過度に依存することに慎重な姿勢を示している。そこで、サムスンと手を組んで生み出したのが、自社製ニュースアグリゲーター・プラットフォーム「アップディ(Upday)」だ。

ベータ版がリリースされたのは、2015年9月。テストアップ期間中、ユーザーは月に平均2時間以上を「アップディ」上で過ごしたと、同社は主張している。

現在では、アクセル・シュプリンガー社をはじめとする、1200ものパブリッシャーが利用。そのなかには、Facebookの「インスタント記事」やAppleの「News」のようなプラットフォームへのコンテンツ配信に懐疑的な立場を取る、「エコノミスト(The Economist)」「デイリー・テレグラフ(The Daily Telegraph)」「フィガロ(Le Figaro)」「デア・シュピーゲル(Der Spiegel)」などが含まれている。

「アップディ」はいくつかのサプライズをもたらした。英国、ドイツ、フランス、ポーランドで、2016年3月上旬に発売されるサムスンの最新スマートフォン「ギャラクシーS7(Galaxy S7)」やタブレット端末には「アップディ」がプレインストールされるという。スマートフォンのホーム画面から右へスワイプすると表示される仕様になっていて、デバイスのデフォルトシステムに統合されているのが分かる。

次ページサムスンは彼らにとって魅力的なパートナー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT