アップルショック直撃、部品メーカー総崩れ

iPhoneの減速だけではなかった

雨に見舞われた2015年9月のiPhone6s発売日。今年の新機種は売れるか注目される(撮影:大澤 誠)

「懸念が現実になってしまった」。2015年末、大手電子部品メーカー幹部は米アップルから送られてきたiPhoneの出荷計画に目を通し、ため息をついた。

2015年9月に発売され、計画どおりの生産水準だった「iPhone 6s」。だが、アップルは今年1~3月の出荷台数見通しを、当初計画から3割ほど引き下げた。

部品メーカーで下方修正が多発

原因は販売の伸び悩みだ。10~12月の販売台数(左図)を見ると、大幅増となった2014年の7446万台に対し、2015年は7477万台と横ばいにとどまった。

“アップルショック”の影響は即座に関連企業の下方修正という形で現れた。

1月から2月にかけて、主要な電子部品企業では業績予想の下方修正が続出している(右表)。アルプス電気、ミネベア、日本航空電子工業の決算資料には、「主要スマホ顧客の生産調整の影響を受けた」という文言が並ぶ。向こう3カ月の計画しか出さないジャパンディスプレイも、2016年1~3月期に営業赤字となる見通しを発表した。

次ページソニーにも打撃が
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT