アップルショック直撃、部品メーカー総崩れ

iPhoneの減速だけではなかった

雨に見舞われた2015年9月のiPhone6s発売日。今年の新機種は売れるか注目される(撮影:大澤 誠)

「懸念が現実になってしまった」。2015年末、大手電子部品メーカー幹部は米アップルから送られてきたiPhoneの出荷計画に目を通し、ため息をついた。

2015年9月に発売され、計画どおりの生産水準だった「iPhone 6s」。だが、アップルは今年1~3月の出荷台数見通しを、当初計画から3割ほど引き下げた。

部品メーカーで下方修正が多発

原因は販売の伸び悩みだ。10~12月の販売台数(左図)を見ると、大幅増となった2014年の7446万台に対し、2015年は7477万台と横ばいにとどまった。

“アップルショック”の影響は即座に関連企業の下方修正という形で現れた。

1月から2月にかけて、主要な電子部品企業では業績予想の下方修正が続出している(右表)。アルプス電気、ミネベア、日本航空電子工業の決算資料には、「主要スマホ顧客の生産調整の影響を受けた」という文言が並ぶ。向こう3カ月の計画しか出さないジャパンディスプレイも、2016年1~3月期に営業赤字となる見通しを発表した。

次ページソニーにも打撃が
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT