「日本電産がルネサス買収へ大勝負」説の真否

買収王、永守社長の見立てはいかに?

数多くの買収を成功させた永守社長。「M&Aはソフトバンクグループの孫正義社長より上」と自負する

「全然そんな話は知りませんね。報道されるのは勝手だが、何も決まったことはない」――。

1月21日に開かれた日本電産の2015年度第3四半期(4~12月期)決算会見で、それまでよどみなく質問をさばいていた永守重信社長兼会長だが、ある質問に限って言葉を濁した。

決算そのものについてではない。車載用を中心とした大手半導体メーカー、ルネサスエレクトロニクス株の取得についてだ。同社は官民ファンドである産業革新機構が約69%を保有している。昨年9月末からロックアップ(株式の売買禁止期間)が解除となり、保有株の売却を検討しているのだ。

11四半期連続の増益を記録

日本電産が同日発表した4~12月期の業績は好調そのものだった。売上高が前年同期比18%増の8953億円、営業利益は同16%増の939億円、純利益は同22%増の709億円。第3四半期にして、すでに前年の通期に迫る利益水準をたたき出した。連続増益記録は11四半期に及んでいる。

伸びを牽引しているのは車載向けモーターだ。ADAS(先進運転支援システム)関連部品や操舵をつかさどるパワーステアリング用に中型モーターの採用が拡大したことに加え、15年2月に買収完了したドイツのポンプメーカー、GPM社の連結が利益を押し上げた。

中国家電向けのモーター需要が想定以下で、スマホ向けのハプティックデバイスも納入先の生産調整により会社想定に比べて未達だったこともあり、期待されていた通期業績予想の上方修正は発表しなかった。

次ページ意外な組み合わせなのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT