好調な京セラがあえて"下方修正"をした理由

構造改革のメスはどこに入るのか

好調な業績の多い電子部品業界で、京セラの下方修正が話題を集める(撮影:尾形文繁)

10月30日に行われた京セラの決算説明会。社長の山口悟郎氏は苦々しげに「収益を上げるために、いろいろなことを考えている。具体的な内容は、しかるべきタイミングで公表したい」と述べた。

同社が開示した2015年上期(4~9月期)決算は、売上高が7225億円(前年同期比1.2%増)、営業利益が619億円(同13.1%増)だった。

携帯電話端末を中心とする通信機器事業は赤字を脱せないでいるが、セラミックパッケージを中心とした電子部品が堅調だったことで、増収増益を確保している。

上期は好調でも、通期の見通しは減額

問題は通期の見通しだ。決算発表と同時に今2015年度の売上高を1兆5300億円(前期比0.2%増)、営業利益を1100億円(同17.7%増)に下方修正。売上高で700億円、営業利益で500億円の減額となっている。

売り上げはともかく、2014年度の営業利益932億円からすれば、大幅な増益を維持しているように見える。ただ、前期は通信機器事業と太陽電池事業で約200億円の減損を行っているおり、実際はほぼ前年度並と、好調とは言えない水準になりそうだ。

京セラで懸念されていたのは、中国のスマホ需要減速と、ソーラーパネルの価格下落による太陽電池事業の収益悪化だった。実際に、半導体部品関連事業は一部中国の景気減速の影響を受けたものの、部門利益の減額は70億円程度にとどまっている。

次ページ下方修正の要因は電子デバイス事業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT