中国の経営者が稲盛イズムにはまるワケ

儲けても儲けても、幸せになれず

中国で人気の「稲盛シリーズ」

先日、40歳になった。いわゆる不惑だ。

”不惑”という言葉は、言わずと知れた、論語の「四十にして惑わず」から来ているが、ずっとこの言葉、おかしいのでは?と思っていた。

だって、論語のその続きは、「五十にして天命を知る」だよ。天命を知る10年前に惑わない?それって無理じゃない?それに孔子自身、50代になって、国政に失望して旅に出ている。当人だって、惑っているじゃないか。

「不惑」ではなく、正しくは「不或」

そこで調べてみたところ、なんと「惑わず」と訳すのは間違いのようだ。

孔子の時代には、惑の字はまだ普及してなかったので、正しくは「不或」らしい。

或の字は、土をつけると域、□で囲むと國となる。つまりは、「ボーダーライン」を意味する文字だ。だから、「不或」は、「40歳になったら、あらゆるボーダーをとっぱらって、もっとチャレンジしなさい」というのが本当の意味。

これなら納得できる。40歳よ、まだまだ落ち着くんじゃない!もっともっとチャレンジしろ!と2500年前の教えがお尻を叩いてくれる。中国の古典思想は本当に素晴らしい。

次ページ稲盛氏の書籍は大ベストセラーに
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。