商社の蝶理、「ウルムチ進出」の狙いとは?

日本人が知らないニューシルクロードの魅力

ウルムチ市街の様子(写真 カスバ / Imasia)

「中国はもうだめだ」

「いやいや、この巨大市場はこれからだよ」

会議室で、居酒屋で、そしてSNS上でも何万回も行われてきた問答だろう。

中国の悪いニュースが流れると、ほら見た事かと「中国となんて縁を切るべきだ」と語気を強めてまくしたてる人たち。それに対して、「いやいや、中国にも中国の良さがある。知れば分かる。」と反論する中国在住者。「坊主にくけりゃ」論と「あばたもえくぼ」論の、不毛な論争も多い。

そんな中、冷静にリスクを見つめながら、中国の“フロンティア”にチャレンジする企業がある。

なぜウルムチに拠点を開設?

中国新疆ウイグル自治区、ウルムチ市。上海から直行便の飛行機で約5時間の、中国最西部の大都市。独立運動暴発の可能性があると言われるこの地に、東証1部上場の商社「蝶理」が拠点開設を決めた。

2000年以降、大手企業がここに拠点を開設するのは稀な例である。

「ウルムチに進出する目的は、①拡大する中国西部から中央アジアの跨境市場を捉えること、②ウルムチにおけるリスクを自分たちの目でモニタリングすること、③ヨーロッパとアジアをつなぐ拠点を押さえること。この3つです。」

同社の取締役・中国総代表の井上邦久氏はそう語る。

ウルムチ市の人口はおよそ250万人。中国の中では、そこまで大きな都市ではない。しかし、駅前には多くの高層ビルが建ち、現在、地下鉄や高速鉄道も建設中。中国の次期5カ年計画で最重点都市の1つとなることが予想され、大発展が期待されている都市なのだ。

発展の理由は、資源が豊富な中央アジアの窓口になる都市であることに加えて、中央政府のある“裏の思惑”も見え隠れする。

ウルムチの人口の3割は、ウイグル人を中心とした少数民族。漢族との間で、民族対立の火種を抱え、テロとみられる爆破事件も頻発している。

中央政府としては、ここに投資をして、経済的な豊かな土地にすることで、独立運動や民族対立を封じ込めようと考えている節もある。経済成長はすべてを隠すということだ。

次ページ少数民族の雇用を義務付け
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT