中国政府は、なぜLINEをブロックしたのか

情報統制の影に見え隠れするもうひとつの思惑

LINEは中国本土から利用できないようブロックされてしまった。中国政府の目的とは?(写真:ロイター/アフロ)

ご存知の方も多いとは思うが、中国では、一般に普及している通信網を使ってフェイスブックやツイッターへのアクセスができない。政府の規制により、接続が制限されているからだ。

中国のネット制限状況をモニタリングしているサイト「グレートファイア・オルグ」で調べてみると、フェイスブックもツイッターもブロック率は100%。つまり、いつでも接続できない状況なのだ。

9月30日からはインスタグラムが使えなくなった

しかもこの政府による規制は、どんどん強化されている。象徴的なのは、6月までは普通に繋がっていたLINE。7月から全く繋がらなくなった。現地駐在日本人の間にも、日本とのやりとりでLINEを使っていた人が多く、話題になった。

そして、今回の香港のデモに際して、また一つ、この規制リストに名を連ねたインターネットサービスがある。インスタグラムだ。9月30日からアクセス不能となっている。筆者の近くにも、これまでインスタグラム経由でフェイスブックに投稿をしていた人がいたが、それももうできなくなった。

ここまでの話は、日本でもご存知の方が多いだろう。中国ってそういう国でしょ、との一言で片づけてしまうこともできるかもしれない。しかし、なぜそのような規制を行うのか、についての深い分析はあまりない。そこで、今回は、規制を行う理由について、少し大胆に考えて見たい。邪推の域に入っているところもあるかもしれないが、何しろ情報が取れないし、私はそんな政府の裏まで知るような人間ではないので、ご勘弁を。

結論から言うと、私は、このネット規制、本当に「情報統制」だけが目的なのかと疑っている。「情報統制」だけが目的と考えると符合しないことがいくつかあるからだ。

次ページVPNを使えば規制サービスも使い放題
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT