アリババIPO、最後に香港でロードショー

<動画>欧米で完売、中国の富裕層は買えず

世界各地で開催されているアリババのIPOロードショーがアジアで大詰めを迎え、そのオーダーブックが完売となる一方で、中国の投資家たちは寒空にひとり取り残されたような感覚を味わっている。

アリババの創業者であるジャック・マー会長は9月15日、香港でスポットライトを浴びた。数百億ドル規模の上場の地をニューヨーク証券取引所(NYSE)に定め、アジアの投資家をロードショーの予定の一番最後に回していたのだ。

NYSEに敗れた香港証取

マー会長は次のように語った。「香港がアリババの上場のチャンスを逃したという言い方をする人もあるようですが、アリババのほうが香港を取り逃がしたのであって、私はそれを残念に思っています。時期的に合わなかったし、準備もうまくいかなかった、それに私たちのコミュニケーションもまずかったのです。でも私たちは香港が大好きですし、これからもさらにサポートを続けます」

それでも、ここアジアでは尋ねるものがいるだろう、どうして我々は取り残されたのか、と。その理由は、今年(2014年)の初めに香港証券取引所は、アリババ上場の入札でニューヨークに敗れたためだ。

次ページ香港証取にとって大きな打撃
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT