アリババIPO、最後に香港でロードショー

<動画>欧米で完売、中国の富裕層は買えず

世界各地で開催されているアリババのIPOロードショーがアジアで大詰めを迎え、そのオーダーブックが完売となる一方で、中国の投資家たちは寒空にひとり取り残されたような感覚を味わっている。

アリババの創業者であるジャック・マー会長は9月15日、香港でスポットライトを浴びた。数百億ドル規模の上場の地をニューヨーク証券取引所(NYSE)に定め、アジアの投資家をロードショーの予定の一番最後に回していたのだ。

NYSEに敗れた香港証取

マー会長は次のように語った。「香港がアリババの上場のチャンスを逃したという言い方をする人もあるようですが、アリババのほうが香港を取り逃がしたのであって、私はそれを残念に思っています。時期的に合わなかったし、準備もうまくいかなかった、それに私たちのコミュニケーションもまずかったのです。でも私たちは香港が大好きですし、これからもさらにサポートを続けます」

それでも、ここアジアでは尋ねるものがいるだろう、どうして我々は取り残されたのか、と。その理由は、今年(2014年)の初めに香港証券取引所は、アリババ上場の入札でニューヨークに敗れたためだ。

次ページ香港証取にとって大きな打撃
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。