iPhone「ロック解除問題」は日本にも波及する

アップルとFBI激突、"端末情報"は誰のものか

iPhoneのパスコードロック機能がFBIの行く手を阻んだ(撮影:尾形文繁)

日増しに深まる米アップルとFBI(米国連邦捜査局)の対立。FBIがアップルに対して要求している、アイフォーンの「ロック解除問題」は、今や米国を二分する議論に広がっている。

事の発端は2015年12月、カリフォルニア州サンバーナーディーノ市で発生し、14人の犠牲者が出た銃乱射事件だ。犯人のものとされる端末の情報を捜査に役立てるため、FBIを管轄する司法省は裁判所を通じて、アップルにロック機能の解除に協力するように命令した。

ロック機能とは、アイフォーンユーザーなら当たり前のように使っている、「ホーム画面のロック」のことだ。

アップルは要求を断固拒否

アイフォーンには、4ケタもしくは6ケタのパスコードを設定し、それを入力しなければ利用できないロック機能が備わっている。入力を10回間違えると端末のデータを削除し、プライバシーを守る機能も搭載されている。つまり、パスコードを総当たりで試そうとすると、データは消えてしまうのだ。

この機能に阻まれて、FBIは容疑者の端末に手が出せない。そこで、アップルに対してロック機能や誤入力によるデータ消去機能を回避するためのソフトウエアの開発を、求めているのである。

しかし、アップルとしては、要求を断固拒否。パスコードロック機能や端末のデータ消去機能を回避する方法を持ち合わせておらず、協力のしようがないという。

次ページ政府は全端末のデータを取得できる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT