ブラザー工業を襲った「スマホショック」

名古屋の古豪メーカーに思わぬ荒波

ブラザー工業は以前、「安井ミシン兄弟商会」(1925年当時)という社名だった

昨年、8年ぶりに最高益を更新したブラザー工業。だが、今期は昨年とは打って変わって厳しい年になりそうだ。

プリンター大手のブラザー工業が発表した2016年3月期第3四半期(4~12月期)決算。今回は2015年6月に買収した産業用印刷機器メーカーの英ドミノが連結に加わったことと円安の影響により、売上高こそ前年同期比9.3%増の5697億円となった。だが、営業利益は同マイナス13.7%の395億円、純利益は同マイナス47.3%の253億円に終わった。

2015年半ばから急速な落ち込みも

この結果を受け、同社は2四半期連続となる業績予想の下方修正を発表。第1四半期(4~6月期)終了時点では8300億円だった売上高を7550億円(前年同期比6.8%増)に、同じく580億円だった営業利益を430億円(前年同期比マイナス25.3%)まで引き下げた。

マシニングセンタなどの落ち込みが業績に影響した

なぜ2四半期連続の下方修正となったのか。原因は、昨年度の業績を牽引した、プリンタと産業機器の2事業が不調だったことだ。プリンタ事業は中国や東南アジアの景気減速が響いたことで、プリンタ本体の販売が伸び悩んだ。ただ、プリンタを含む通信・プリンティング機器事業の売り上げは前年比横ばいで踏みとどまる見通しだ。

さらに深刻だったのは、金属加工を行うマシニングセンタなどの工作機械を中心とした産業機器事業だ。

こちらは2015年半ばから急速に落ち込み、10~12月期の売上高は前年比で6割減となった。通期の売上高予想も前期比3割減まで引き下げている。

次ページ苦戦はブラザーだけじゃない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT