ブラザー工業を襲った「スマホショック」

名古屋の古豪メーカーに思わぬ荒波

ブラザー工業は以前、「安井ミシン兄弟商会」(1925年当時)という社名だった

昨年、8年ぶりに最高益を更新したブラザー工業。だが、今期は昨年とは打って変わって厳しい年になりそうだ。

プリンター大手のブラザー工業が発表した2016年3月期第3四半期(4~12月期)決算。今回は2015年6月に買収した産業用印刷機器メーカーの英ドミノが連結に加わったことと円安の影響により、売上高こそ前年同期比9.3%増の5697億円となった。だが、営業利益は同マイナス13.7%の395億円、純利益は同マイナス47.3%の253億円に終わった。

2015年半ばから急速な落ち込みも

この結果を受け、同社は2四半期連続となる業績予想の下方修正を発表。第1四半期(4~6月期)終了時点では8300億円だった売上高を7550億円(前年同期比6.8%増)に、同じく580億円だった営業利益を430億円(前年同期比マイナス25.3%)まで引き下げた。

マシニングセンタなどの落ち込みが業績に影響した

なぜ2四半期連続の下方修正となったのか。原因は、昨年度の業績を牽引した、プリンタと産業機器の2事業が不調だったことだ。プリンタ事業は中国や東南アジアの景気減速が響いたことで、プリンタ本体の販売が伸び悩んだ。ただ、プリンタを含む通信・プリンティング機器事業の売り上げは前年比横ばいで踏みとどまる見通しだ。

さらに深刻だったのは、金属加工を行うマシニングセンタなどの工作機械を中心とした産業機器事業だ。

こちらは2015年半ばから急速に落ち込み、10~12月期の売上高は前年比で6割減となった。通期の売上高予想も前期比3割減まで引き下げている。

次ページ苦戦はブラザーだけじゃない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。