グーグルが敷くフェイスブック包囲網の実態

メディア戦略での独り勝ちを警戒

グローバルレベルで進むコンテンツ流通網の整備合戦は、グーグルとFecebookのどちらに軍配があがるか?(写真 : ロイター/アフロ)

モバイルのロード時間をめぐる議論は、グーグルとフェイスブックによるプラットフォーム戦争のもっとも激しい戦闘地域に姿を変えた。消費者の情報消費はモバイルアプリに傾いており、アプリで消費される時間の半分を握るといわれるフェイスブックが存在感を増している。

ネット広告一強の座を猛追されているグーグルは、「AMP(Accelerated Mobile Pages)」で、牙城とも言えるモバイルウェブを強化することで逆襲をはかる。グローバルレベルで進む、コンテンツ流通網の整備合戦は、どちらに軍配があがるか。

1. フェイスブックの独り占めは許さない

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

グーグルのオープンソースプロジェクト「AMP」で構築されたページが、2月内にグーグル検索に載るようになる。

AMPはグーグル独自の「AMP HTML」をオープンに開発するプロジェクト。ロード(読込)時間を最大85%程度削減し、ユーザー体験を高めることを目的としている。モバイルにおいて広告、アナリティクスツールなどが主要因となり、読み込みが遅くなっていたことが開発のきっかけとなった。

2015年はアップルがSafariブラウザでアドブロックのアドオンを使えるようにし、アドブロック問題が顕在化。消費者がロード時間の長さやユーザー体験の阻害に苛つきを感じていることが判明し、プラットフォームがより快適なネットを提供する流れが生まれた。機敏に動いていたのが、フェイスブックだった。

次ページペイウォールで定額制が可能になる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT