グーグルが敷くフェイスブック包囲網の実態

メディア戦略での独り勝ちを警戒

各国の主要なパブリッシャーがAMPプロジェクトに参加している

AMPプロジェクトは全世界の多数の媒体社のほか、20社以上のアドテクベンダー、ソフトウェア企業も巻き込んだ「フェイスブック包囲網」だ。オープンにステークホルダーとAMP HTMLの改良を重ねていくため、フェイスブックのクローズドな開発体制より有利に見える。また、これはAndroidでアップルのiOSプラットフォームを追走するときにとった方法に似ている。

4. モバイル体験とクロスデバイス

このロード時間をめぐる競争は、モバイルエクスペリエンス(モバイル体験)がとても重要になっていることを示している。グーグル広告・EC担当シニアバイスプレジデントのスリドハル・ラマスワミ氏は2016年1月末に米インタラクティブ広告協議会(IAB)で、米国のプログラマティック広告市場規模が2015年の150億ドル(約1兆7000億円)から、2020年までに50億ドル(約5700億円)を上乗せするためには、最高のモバイルエクスペリエンス(モバイル体験)を提供し、悪い体験を排除することが必要となると主張した。

消費者がモバイルに多くの時間を割き、モバイル利用方法がさまざまなパターンに断片化していることが、多彩なデジタルモーメントを生んでいる。数多あるモーメントのなかでインテント(意図)に富んだ瞬間があると指摘している。マイクロモーメント(Micro-Moments)だ。このモーメントには「知りたい(Know)」「行きたい(Go)」「したい(Do)」「買いたい(Buy)」という4つの意図が発せられる。

マイクロモーメントはモバイルにおけるマーケティングにとって重要な知見を提供する一方で、グーグルの検索を基点としたエコシステムを強化する役割もある。強いインテントを持ったユーザーが最初にたどり着くのがモバイル検索だという「物語」。ユーザーがモバイルウェブを旅する限り、グーグルは収益を上げ続けるのだ。

AMPに関しては、以下のようにしている。現行のウェブと変わらない。

1.媒体社にペイウォールとプログラマティック広告のという収益源を保証すること
2.サードパーティのベンダーが参加できる

 

ラマスワミ氏はグーグルは7億8000万件のディスプレイ広告と、2万5000本のアプリに掲載された広告を停止したと明らかにした。それらを偽造品、違法薬物、詐欺などの絡んだ悪質な広告とみなしたためだ。

次ページ今後の展開は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。