グーグルが敷くフェイスブック包囲網の実態

メディア戦略での独り勝ちを警戒

ラマスワミ氏はデバイス、プラットフォームに断片化された体験に触れ、広告主の関心が、広告をクロススクリーン、クロスプラットフォーム、クロスデバイスで、各フォーマットにうまくフィットさせることにあると指摘した(AMPでは広告のサイズが可変性を持つよう設計されている)。さまざまなサイズにフィットする広告プラットフォームを整備すれば、グーグルディスプレイネットワークがスマートフォン、タブレット、デスクトップとクロスデバイスで機能するようになる。

ラマスワミ氏が提唱するモーメントの捕捉やモバイル体験の向上は、検索、ディスプレイ広告というグーグルのエコシステムを強化することにもつながる。

5. 全世界を巻き込んだウォールドガーデン競争

グーグルの動きには、フェイスブックが大きく関係しているだろう。情報消費において、フェイスブックのニュースフィードの存在感は日増しに大きくなっている。BuzzFeedのようにフェイスブックに重みを付け、グローバル規模の流通網を整備しているメディアもあるほどだ。

フェイスブックは今後インターネットが成長する新興国に「先張り」する姿勢が鮮明だ。インスタント記事は今年1月に日本でのローンチを発表し、アジアの主要な国でのサービスを開始している。低所得国向けにフェイスブックなどのアプリを通信料無料で利用できるプロジェクトである「フリーベーシック」には、フェイスブックをネット体験のデフォルトにする人々を増やそうという狙いがのぞく。マネタイズから遠くライバルが敬遠する低所得国に先張りし、グーグルやアップルのウォールド・ガーデン(壁に囲まれた庭)を真似ようとしているかもしれない。

グーグルもアグレッシブな取り組みをしている。AMP導入は「絶対」かもしれない。米広告業界誌アドエイジ(Adage)によるとグーグルのニュース担当シニアディレクター、リチャード・ジングラス氏は「我々は明確にスピードに重点を置いている。AMPによるサイトだから、検索順位が大きく押し上げられるということではない」「ふたつの記事が速度以外でまったく同じのスコアである場合、我々は速度に重きをおくことになる。読み込み時間はユーザーが重要だと考えるからだ」と語っている。ページランクがロード時間に必ずしも、すべての重きを置くわけではないが、重要な項目のひとつになるととれる。しかし、検索順位に及ぼす影響については、状況をみなければいけないが、あるレベルを超えるならば、媒体社の雪崩が起きるだろう。

(文:吉田拓史)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
グーグル AMP 対応準備に奔走するパブリッシャー:広告収益化の約束は果たされるのか?
グーグル vs. フェイスブック! 出揃った巨人2社の決算を比較:ヒートアップするネット広告2強時代
いまやメディアそのものを飲み込みはじめた巨人・フェイスブック :唯一無二のグローバル拡散インフラ

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。