アルジャジーラが挑む「分散型戦略」の全貌

フェイスブックで視聴回数22億回を叩きだす

衛星テレビ局「アルジャジーラ」が配信するスマホアプリ、「AJ+」とは?
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

カタールのドーハに拠点を構える衛星テレビ局のアルジャジーラ(Al Jazeera)は、2014年末にデジタル配信のみに特化した、「AJ+(エージェープラス)」というスマートフォン用のニュース配信アプリをローンチした。

アルジャジーラにとって大きな賭けとなった、このアプリ。Facebookなどのプラットフォームを中心に、オーディエンスの育成を行う戦略が採られた。社会問題に限定された配信コンテンツは、短い尺の動画にまとめられ、共有も容易にできるうえ、消音にしていても内容が理解できるようになっている。モバイル機器での視聴を考えて作られているのだ。

Facebookでも人気のパブリッシャー

この戦略により、「AJ+」はすべてのプラットフォームでオーディエンスを集めることができた。「AJ+」のコンテンツ製作チームは、1週間で約50本もの動画を製作するが、その動画の多くは、どれも尺が1分ほどと短い。280万もの「いいね」を獲得しているFacebookでは、2015年、22億回もの動画再生回数を記録している(Facebookの動画のおよそ半分は、尺が30秒ほどとなっている)。

アナリティクス企業チューブラー・ラボ(Tubular Labs)の2015年11月の発表によると、「AJ+」はFacebookで7番目に人気のあるパブリッシャーとなっていて、分散型メディアの代表格「NowThisNews」の背後に位置しているという。

次ページ「オーディエンス中心に考える」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT