ティファニーのツイッター活用術がスゴい

ライバルもマネするそのブランディング術

高級ブランド、ティファニーが「つぶやく」内容に注目が集まっている(写真 : maxximmm / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

「われわれはTwitterで自分たちのやり方を見つけた」

高級ブランド、ティファニーのバイスプレジデント(グローバルデジタルマーケティング担当ディレクター)のダイアナ・ホン氏は誇る。「われわれにとって面白いプラットフォームだ。ティファニーブランドは、これまでにも言語に関係するカルチャーを作り上げてきたが、われわれはTwitterに着目したのだ」

2016年1月7日現在、ティファニーには約140万人のTwitterフォロワーがいる。前年同期の110万人と比較して30%伸びた。この数は「美しい編集写真」が配信されている同社のインスタグラムアカウントや、オーガニックではなくペイドなソーシャルプラットフォームになったとホン氏が認識しているFacebookページのフォロワー数ほどではない。

ちなみに同社は、eコマースサイトへのトラフィックのほとんどを誘発しているFacebookで、大半の製品のプロモーションを行っている。一方、ライバルのカルティエは、リーチのおよそ3分の1が、31万9000人のフォロワーを抱えるTwitterからだ。

しかし、ティファニーにとってTwitterは価値がある。ブランドニュースをタイムリーに提供し、カスタマーの言葉に反応し、リアルタイムのイベントや文化的瞬間をインタラクティブに紡ぎだす。Twitterは「才気煥発でクレバーなブランドの個性」を描き出す場なのだ。

愛着が強く、反応が早い

マーケティングコンサルティングのエンゲージメント・ラブズ(Engagement Labs)が2015年12月にまとめたランキングによると、ティファニーはラグジュアリーブランドとして、Twitter上でトップに君臨している。

次ページ何が「ユニーク」なのかを理解している強み
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。