選手の「バド連呼」はステマではなかった

スーパーボウルで価値3.6億円のコメント

2016年2月7日に行われたスーパーボウルで勝利を収めたデンバーのペイトン・マニング選手のコメントが、マーケティング業界で話題になっている
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

デンバー・ブロンコスがカロライナ・パンサーズに24対10で勝利した、2016年のスーパーボウル。2月7日、第50回を迎えたこの記念すべきゲームにおけるデンバーのペイトン・マニング選手の勝利コメントが、マーケティング業界で話題になっている。

一度ならず二度までも、スーパーボウルのスポンサーのひとつ「バドワイザー」について触れ、自らの喜びを表現していたのだ。このコメントの効果が、通常どおりにテレビCMを出稿するよりも、ずっと大きなものだったという。

米最大のスポーツイベント

毎年、テレビCMの放映料が高騰することで知られる、この米最大のスポーツイベント。2016年の試合中における30秒CMの相場は、500万ドル(約5億6000万円)にまで跳ね上がったといわれている。

それだけ、スーパーボウルがもつオーディエンスへのリーチ力は凄まじいのだが、試合終了後にインタビュアーから「今後の去就について」の質問を受けた、デンバーのペイトン・マニング選手。次のようなコメントを残した。

次ページ「とにかく浴びるように飲む」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT