選手の「バド連呼」はステマではなかった

スーパーボウルで価値3.6億円のコメント

2016年2月7日に行われたスーパーボウルで勝利を収めたデンバーのペイトン・マニング選手のコメントが、マーケティング業界で話題になっている
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

デンバー・ブロンコスがカロライナ・パンサーズに24対10で勝利した、2016年のスーパーボウル。2月7日、第50回を迎えたこの記念すべきゲームにおけるデンバーのペイトン・マニング選手の勝利コメントが、マーケティング業界で話題になっている。

一度ならず二度までも、スーパーボウルのスポンサーのひとつ「バドワイザー」について触れ、自らの喜びを表現していたのだ。このコメントの効果が、通常どおりにテレビCMを出稿するよりも、ずっと大きなものだったという。

米最大のスポーツイベント

毎年、テレビCMの放映料が高騰することで知られる、この米最大のスポーツイベント。2016年の試合中における30秒CMの相場は、500万ドル(約5億6000万円)にまで跳ね上がったといわれている。

それだけ、スーパーボウルがもつオーディエンスへのリーチ力は凄まじいのだが、試合終了後にインタビュアーから「今後の去就について」の質問を受けた、デンバーのペイトン・マニング選手。次のようなコメントを残した。

次ページ「とにかく浴びるように飲む」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。