新iPadPro、使って分かった「実力」と「限界」

「パソコンからの置き換え」は簡単ではない

9.7インチサイズの「iPad Pro」。いったい、どんなマシンなのか。買うべきか、買うべきではないか。ビジネスパーソンを対象にわかりやすくレビューする

アップルは3月31日、従来の12.9インチよりも小型となる9.7インチサイズのiPad Proを発売した。Wi-Fiモデルは32ギガバイト(GB)で599ドル(6万6800円)、128GBで749ドル(8万4800円)、256GBで849ドル(10万2800円)という価格展開だ。

ビジネスパーソンにとって気になるのは、このマシンがノートパソコンを置き換えられるのかどうか、だろう。結論を先に書くと、単純な置き換えは簡単ではない。

それは、なぜなのか。筆者は、Wi-Fiに加え携帯通信を使用できるセルラーモデルの256GBモデルを1週間試用してきたので、そのレビューを交えて詳述していきたい。

「新世代iPad」を印象付ける

iPad Pro 9.7インチモデルは、2015年11月にすでに発売されていた12.9インチのiPad Proの小型版のように見える。しかし、ただ小型化しただけでない。ここには新しいiPadの機能やデザインが盛り込まれた。

心臓部であるプロセッサは、12.9インチモデルと同じA9Xを、クロック(動作周波数)を落として搭載している。アップルはホームページ上にA7プロセッサとの比較をスペックシートの形で掲載しているが、処理能力の差(12.9インチがA7の2.5倍、9.7インチが2.4倍)以上に、グラフィックス性能の差のほうが大きい(A7と比べてそれぞれ5倍、4.3倍)。9.7インチのほうが若干劣ってはいるものの、それでも4Kビデオを3本同時に編集するだけの高い性能を備えている。

12.9インチモデルと同様に、本体にSmart Connectorを搭載。ここにカバー一体型のSmart Keyboardを接続し、ノートパソコンのような使い方ができる。ペン入力デバイスであるApple Pencilにも対応している。これらが付属品ではなくオプション扱いになっている点も変わっていない。

また、四隅にスピーカーを備えており、端末の向きに応じて自動的に左右のステレオや高音を出すポジションを変更してくれる点も、12.9インチモデルと同じだ。

次ページ進化をした点は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT