新iMacの画面が、仕事の効率を上げるワケ

iMac Retinaモデルは何がスゴイのか

「iMac」の新モデルはどう変わったのか?
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

アップルは2015年10月13日、主力のデスクトップ一体型パソコン「iMac」の新モデルを発売した。これまでどおりのデザインを踏襲し、ディスプレーサイズも21.5インチモデルと27インチモデルを取り揃える構成にも変更がない。

今回のアップデートの目玉は、ディスプレーの品質向上だ。ノートパソコン主体でコンピュータを利用してきたユーザーにとっても、デスクトップ回帰を促すほどの変化をもたらしてくれる1台だと言える。

変わらぬデザイン、変わった入力デバイス

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

iMacは1998年に登場し、現在までその名前とコンセプトを引き継ぐ、代表的なデスクトップパソコンとなった。

アルミニウムとガラスで構成された一体型のボディは、最も薄いエッジが5ミリメートルと鋭く、過去のブラウン管を彷彿とさせる緩やかなカーブを描く背面が特徴だ。このデザインは完成されたものとして、内部が変化してもそのまま踏襲される「変わらぬデザイン」となっている。

今回変更されたのは、キーボード、マウス、トラックパッドの入力デバイス群だ。いずれも、バッテリー内蔵型となったため、電池交換の手間がなくなった。また充電はiPhoneやiPadと同じLightningコネクタで行い、新たにデバイスを購入した際のペアリングにも利用できる。

次ページ特に大きく進化したのは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT