トラックパッドを替えれば作業効率が上がる

パソコンでの仕事の進め方が激変

第2世代の「Magic Trackpad 2」はどう変わった?
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

アップルは、iMacシリーズを刷新し、27インチモデルに続いて21.5インチモデルにも、高精細なRetinaディスプレイを採用するモデルを追加した。大画面、高精細に加えて、より多くの色を表現できるP3対応のシンプルを極めたデスクトップ型コンピュータは、ここ何年もそのデザインを変えていない。ある種の普遍的なスタイルを獲得していることを表している。

今回のテーマは、これに組み合わせて使うデバイスだ。iMacシリーズの刷新に合わせて、アップルはキーボード、マウス、トラックパッドも新製品を追加した。その中で、第2世代となった「Magic Trackpad 2」をご紹介しよう。

ちなみに筆者は、15インチRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proをメインマシン、そしてモバイル用として使っているが、デスクで使用する際には、外部キーボードと先代のMagic Trackpadを利用してきた。そのため、モバイルユーザーながら、新型トラックパッドは、待望の新製品、というわけだ。

これまでの製品の不満点を解決

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

新型Magic Trackpad 2のデザインや使用感について語る前に、購入を決めた理由は、より安定して利用できるからだ。裏を返せば、これまでのMagic Trackpadには安定感がなく、この点が不満だった。具体的には、電池交換の面倒さと、接続の不安定さの2点。

Magic Trackpad 2は、単三電池の代わりに内蔵型のリチウムバッテリーを搭載し、本体にはLightningコネクタを備えてMac本体から充電して利用できるようになった。しかも、2分の充電で9時間利用することができるうえ、Lightningコンテクタを差し込んだ状態でも使うことができるため、「トラックパッドの充電待ちで作業が止まる」ことはありえなくなった。

次ページ電池式にはない安心感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。