トラックパッドを替えれば作業効率が上がる

パソコンでの仕事の進め方が激変

ON/OFFスイッチ部

またクリックについても快適性が向上している。前作ではトラックパッドの手前のゴム足がスイッチになっていて、クリックを認識する仕組みになっていた。そのため、なるべくパッドの手前側でクリックする必要があった。しかし新型Magic Trackpad 2では、Apple Watch、MacBookシリーズ、そしてiPhone 6sシリーズに採用された感圧タッチパネルが採用されたため、どこをクリックしてもきちんと認識される。

さらに、クリックを認識する圧力をカスタマイズすることができるほか、クリック音を静かにすることもできる。筆者は真っ先に、最も軽い圧力でクリックを認識するように変えた。これで、クリックする場合でも、ほとんど力をかけず、指先の動きに敏感に反応してくれるようになった。

これまでも、タップをクリックとして認識する機能は存在していたが、非常に弱い力でのクリックの方が指先へのフィードバックの有無も含めて心地よく操作することができるだろう。

極上の操作体験を

おそらくクリックの圧力やフィードバックの強さは、完全に個人の好みの問題だ。たとえば筆者が設定したクリック圧最低、サイレントフィードバック、という組み合わせは、誤動作の可能性が高まるとして避ける人もいるかもしれない。ただ、そうした好みに合わせた設定ができる点も、このMagic Trackpad 2のメリットと言えるだろう。

改めて薄さがわかる

日本での1万4800円(税別、Apple Store)の価格が設定されており、パソコンのアクセサリとしては高い部類だ。ただ、日々の作業をよりしなやかに、気持ちよく触れることができるようになる本製品。旧モデルを2010年に購入し、不満点はありつつも5年間故障せずに使えたことを考えると、この心地よさへの投資を進んで実行したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。