トラックパッドを替えれば作業効率が上がる

パソコンでの仕事の進め方が激変

ON/OFFスイッチ部

またクリックについても快適性が向上している。前作ではトラックパッドの手前のゴム足がスイッチになっていて、クリックを認識する仕組みになっていた。そのため、なるべくパッドの手前側でクリックする必要があった。しかし新型Magic Trackpad 2では、Apple Watch、MacBookシリーズ、そしてiPhone 6sシリーズに採用された感圧タッチパネルが採用されたため、どこをクリックしてもきちんと認識される。

さらに、クリックを認識する圧力をカスタマイズすることができるほか、クリック音を静かにすることもできる。筆者は真っ先に、最も軽い圧力でクリックを認識するように変えた。これで、クリックする場合でも、ほとんど力をかけず、指先の動きに敏感に反応してくれるようになった。

これまでも、タップをクリックとして認識する機能は存在していたが、非常に弱い力でのクリックの方が指先へのフィードバックの有無も含めて心地よく操作することができるだろう。

極上の操作体験を

おそらくクリックの圧力やフィードバックの強さは、完全に個人の好みの問題だ。たとえば筆者が設定したクリック圧最低、サイレントフィードバック、という組み合わせは、誤動作の可能性が高まるとして避ける人もいるかもしれない。ただ、そうした好みに合わせた設定ができる点も、このMagic Trackpad 2のメリットと言えるだろう。

改めて薄さがわかる

日本での1万4800円(税別、Apple Store)の価格が設定されており、パソコンのアクセサリとしては高い部類だ。ただ、日々の作業をよりしなやかに、気持ちよく触れることができるようになる本製品。旧モデルを2010年に購入し、不満点はありつつも5年間故障せずに使えたことを考えると、この心地よさへの投資を進んで実行したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT