新iPadPro、使って分かった「実力」と「限界」

「パソコンからの置き換え」は簡単ではない

おそらく読者の皆さんにも様々な「パソコンの使い方」があると思う。それらの理由すべてが、「代替できない理由」になる。例えば、ペン入力デバイスのApple Pencilは魅力的だが、普段使っているグラフィックスアプリがiPadになければ役に立たない。あるいは業務に利用するソフトウェアがiPadになければダメだろうし、Windowsにしか用意されていないゲームをやりたい場合にも代替は無理だろう。

Microsoft Officeが使用できること、そして100万を超えるアプリがあることにより、かなり多くの用途がiPadから行えるようになったことは、間違いない。しかし、人々が「すべてこれで済ませられる」という安心感とともに環境を移行するのであれば、まだまだ足りない部分がある。

購入するかしないか、決める目安は?

では、iPad Pro 9.7インチを購入するべきかどうか、どのように決めればいいのだろうか。筆者が提案したいのは「トータルの使用時間に占める比率」だ。現在、パソコンを1日4時間使っているとして、そのうち2時間以上(5割以上)をiPad Pro 9.7インチがこなすことができるのだとすれば、いま手に入れても十分にペイすると思う。

小さい上に軽いiPad Pro9.7インチ版。ノートパソコンとの比較では、こうした外形的な長所も魅力的だ

一般的なパソコンを凌駕している点も多い。iPad Proのパワフルさは、ビデオ編集や音声編集で非常に魅力的だ。iPad ProでのiMovieでのビデオ編集は、滞りを待ちながらの作業となる筆者の5年目のMacBook Proから、完全にその地位を奪ってしまった。

またセルラーモデルなら単体で高速インターネットが利用でき、10時間のバッテリー持続時間を、SmartKeyboardと合わせても500g程度の軽さで実現してくれる。大幅に軽量化されたカバンは、肩や腰への負担も軽減するだろう。

iPad Proは、現段階では、自らの意思でワークフローを移行できる、もしくは新たに作り上げることができる、「プロ」のためのマシンといえるかもしれない。しかし今後、だんだんと、メインマシンとしての地位を築いていくこともまた、予見することができるのだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT