グーグルの「AMP」導入をめぐる4つの疑問点

果たしてそれで儲かるのか?

AMPのページをどれくらい収益化できるのかは疑問だ(写真:Tozawa / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

パブリッシャーに向けた、グーグルのモバイルウェブ高速化プロジェクト「AMP(アンプ:Accelerated Mobile Page)」が、2016年2月24日にローンチされた。多くの大手パブリッシャーがオープンソースであることを喜んでいるが、AMPにはまだ未完成な点がいくつかあり、解決されていないこともある。以下にて、AMPに関する代表的な4つの論点を振り返ってみよう。

AMPに関する4つの論点

1 マネタイズ

最大の疑問点は、パブリッシャーがAMPのページをどれくらい収益化できるのかということだ。多くのパブリッシャーにとって半数以上のオーディエンスがモバイルユーザーとなるため、競合他社より優位に立つことが必要になる。忙しく働く人たちに、表示の遅いモバイルWebを待つ忍耐力はないため、このAMPが競争力になるのだ。

AMPは基本的に、速度が遅くなる要因となるWebページの情報をできる限り省いているため、モバイル端末で表示が早い。そして、どこのパブリッシャーも使用できるようになっている。

「ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)」や「ウォールストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)」など、ペイウォール(課金制)を重視するパブリッシャーは、それを保持することも可能だ。しかし、プログラマティック広告の収益を増加できるヘッダー入札に、AMPは対応していない。

次ページ広告をなくしてまで、高速化させる意味は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。