未来のファッション誌は「買い物」に直結する

紙とデジタルの新しい関係が始まった

『ポーター』の誌面に、スマホをかざすと…… 左:『ポーター』の誌面/中央:アプリでスキャンしている様子/左:購入可能アイテムを表示した画面(写真:米DIGIDAY)

雑誌『ポーター(Porter)』は、一般的なファッション誌に見えるが、ショッピングアプリ「NET-A-PORTER」とも連動しており、まるでeコマースカタログのように利用できる。紙の雑誌をペラペラめくっているときに、気になる商品が見つかったら、アプリのカメラでページをスキャンすれば、すぐに商品購入ページに行き着くことができるのだ。

eコマースと直結したファッション誌

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

2014年から隔月刊で発行されている、この『ポーター』。年会費25ドル(約2800円)で、高級志向の顧客向けに配布される、eコマース対応の雑誌となっている。

「従来の雑誌は、読者をじらす存在だった」と、『ポーター』のルーシー・ヨーマンズ編集長は語る。ヨーマンズ編集長は、2012年まで女性向けファッション誌『ハーパーズバザー(Harper’s BAZAAR)』の編集者をしていた。

たとえば、『ヴォーグ(VOGUE)』誌のページをめくると、買いたいと思うコートやバッグを見つけることができる。だが、そうした商品は現実では簡単に手に入れられない、と同氏は指摘する。「顧客に対して、購入させようと煽りながらも、結局は入手できないのだ」。

有名人のインタビュー特集や流行ファッションを掲載する雑誌『ポーター』は、2014年2月に発刊。現在、全世界での発行部数は、前年比10%増の17万部となっている。

米国だけで100万人の購読者がいる『ヴォーグ』誌などと比べると、『ポーター』は、まだ上るべき階段が天高くまで続いているといえるだろう。だが、「NET-A-PORTER」で提供される高級志向のeコマースストアを補完するものとして、商品への関心を掻き立てるとともに、上得意客を獲得する機会を同ストアに与えてきた。

「EIP(Extremely Important People)」と呼ばれる、このような上得意客。年間世帯所得は、平均で17万8000ドル(約2022万円)もあるという。

『ポーター』各号の冒頭ページには、商品の購入方法が記載されている。アプリ「NET-A-PORTER」をダウンロードしたあと、メニューの「雑誌『ポーター』をスキャン(scan Porter magazine)」を選択し、各号のページ上に端末を掲げる。すると、「ショップ(shop)」アイコンが現れて、同ショップから購入できる商品のブランドや価格、購入ボタン、さらにほかのカラーや関連商品が表示されるのだ。

次ページ自ら採算が取れるマーケティングツールのようなもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT