Facebookの「キャンバス広告」の秘密とは?

約3分の滞在時間を獲得したテスト事例

Facebookが2015年6月に発表した「キャンバス広告」はユーザーの興味を惹き付ける何かがあるようだ(写真:tortoon / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

Facebookが2015年6月、カンヌ国際広告祭で発表した「キャンバス広告」。

このメニューは、同サービスのニュースフィードに現れ、タップすると全画面に展開する広告だ。ビデオや大型画像、GIFなどのインタラクティブな機能を用いて、ユーザーに訴求できる。パブリッシャープラットフォーム「InstantArticle」に、よく似たメニューといえるだろう。

「キャンバス広告」のテストには大手が参加

Facebookによる「キャンバス広告」のテストには、ウェンディーズ、ゲーターレード、スーパー大手ターゲット、百貨店大手メイシーズ、ファッションブランドのマイケル・コースなどが参加。なかでもクルーズ客船旅行サイトのカーニバル・クルーズ・ラインは、このメニューで数分間のアテンションを獲得し、「動画広告よりも好成績」だったことを明らかにした。

カーニバル・クルーズが展開したのは、潜在顧客をターゲットとした「キャンバス広告」。ユーザーは、モバイルのスクリーン全体に繰り広げられるリッチな画像をスクロールし、クルーズ船や寄港先でのバケーションの様子を体験できる。

次ページユーザーの平均滞在時間は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT