グーグルが「僻地」まで技術を極め続ける理由

11の最新ニュースから見えてくる"本気度"

今やGmailは10億人のアクティブユーザーを抱える巨大サービスになりました(ロイター / アフロ)
グーグル関連の注目ニュースをピックアップ。「すごいグーグル」「やっぱりグーグル」「グーグルの弱点」「グーグルの誤算」の4つのジャンルに分け、解説していく(後半は週刊『夏野総研』ブロマガでご覧ください)。

 

まずは「すごいグーグル」を感じるニュースから。今年の2月の初め、グーグルは『Gmail、月間アクティブユーザー10億人を達成』(TechCrunch Japan)という発表を行った。2012年には4.25億人だったのだから、約4年でユーザー数が5.75億人増えたことになる。

アンドロイドの初期設定時にGmailのアカウントを要求する他サービスとの紐付けが功を奏しているとはいえ、これほどの規模になるまでユーザーが増えた理由はその利便性に他ならない。

この10億人という数字が登録ユーザーではなく「アクティブユーザー」という事実だけでも十分すごいことなのだが、今回は別のポイントに注目してみたい。それが“GmailはWebメール概念を完全に変えた”ということである。

トップに君臨していたアップルを抜いた意味

当記事は週刊『夏野総研』のブロマガからの転載記事です

ひと昔前までは、Webメールには「フリーメールで怪しいメール」というイメージがあった。そのため、フリーメールの使用を認めないeコマースもあったほどだ。そのなかでGmailは独自の立場を築き上げたことで、フリーメールのなかでもeコマースに使用できる「例外」として扱われてきた。

そして、現在ではYahoo!など多くのフリーメールでeコマースが利用できるようになっている。今やGmailを始め多くのフリーメールがビジネス用のアドレスとしても利用されている事実を見ても、Webメールに関してGmailが与えた影響はすさまじいと言える。

そんなグーグルが時価総額で唯一負けていたのが、長らく世界ランキング1位に君臨してたアップルだ。しかし、Gmailの勢いと同様に2011年からほぼ一貫して首位をキープしていたアップルを、2月1日の時点でグーグル(正しくは、持株会社である『アルファベット』)が抜いた。『グーグル、時価総額69兆円 アップル抜き世界首位に』(朝日新聞デジタル)。

次ページ技術精度の向上が国を動かした!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT