グーグルが「僻地」まで技術を極め続ける理由

11の最新ニュースから見えてくる"本気度"

今やGmailは10億人のアクティブユーザーを抱える巨大サービスになりました(ロイター / アフロ)
グーグル関連の注目ニュースをピックアップ。「すごいグーグル」「やっぱりグーグル」「グーグルの弱点」「グーグルの誤算」の4つのジャンルに分け、解説していく(後半は週刊『夏野総研』ブロマガでご覧ください)。

 

まずは「すごいグーグル」を感じるニュースから。今年の2月の初め、グーグルは『Gmail、月間アクティブユーザー10億人を達成』(TechCrunch Japan)という発表を行った。2012年には4.25億人だったのだから、約4年でユーザー数が5.75億人増えたことになる。

アンドロイドの初期設定時にGmailのアカウントを要求する他サービスとの紐付けが功を奏しているとはいえ、これほどの規模になるまでユーザーが増えた理由はその利便性に他ならない。

この10億人という数字が登録ユーザーではなく「アクティブユーザー」という事実だけでも十分すごいことなのだが、今回は別のポイントに注目してみたい。それが“GmailはWebメール概念を完全に変えた”ということである。

トップに君臨していたアップルを抜いた意味

当記事は週刊『夏野総研』のブロマガからの転載記事です

ひと昔前までは、Webメールには「フリーメールで怪しいメール」というイメージがあった。そのため、フリーメールの使用を認めないeコマースもあったほどだ。そのなかでGmailは独自の立場を築き上げたことで、フリーメールのなかでもeコマースに使用できる「例外」として扱われてきた。

そして、現在ではYahoo!など多くのフリーメールでeコマースが利用できるようになっている。今やGmailを始め多くのフリーメールがビジネス用のアドレスとしても利用されている事実を見ても、Webメールに関してGmailが与えた影響はすさまじいと言える。

そんなグーグルが時価総額で唯一負けていたのが、長らく世界ランキング1位に君臨してたアップルだ。しかし、Gmailの勢いと同様に2011年からほぼ一貫して首位をキープしていたアップルを、2月1日の時点でグーグル(正しくは、持株会社である『アルファベット』)が抜いた。『グーグル、時価総額69兆円 アップル抜き世界首位に』(朝日新聞デジタル)。

次ページ技術精度の向上が国を動かした!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。