iPhoneSEが「低価格化」で狙う果実とは何か

その答えは中国市場にあった

iPhoneの普及は、アップルが提供するApple Music、iTunes Store、iBooksなどのコンテンツ販売サービスからの収益向上も見込める。ロイターによると、中国政府の要請によりiTunes MovieとiBooksの配信が停止に追い込まれているが、アップルが中国市場で仕掛けた収益向上策はこれでとん挫したわけではない。ほかにも手を打っている。

アップルが中国市場で大きな期待を寄せているのは、日本市場にはまだ投入していない非接触決済サービスのApple Payだ。

iPhone SEはApple Payに対応しており、中国国内、そして中国から米国へ旅行するiPhoneユーザーの決済から、アップルは手数料収入を得られるようになった。

狙いは中国市場の巨大な「手数料」

iPhone SEはApple Payに対応する。このデバイスの主戦場とも言える中国市場でも、すでにサービスを開始している決済サービスだ

アップルはiPhone SEによって、米国に次ぐ経済規模かつ、莫大な消費人口を抱える中国市場から、アプリ課金の手数料に加えモバイル決済からの手数料収入を得られるようになる。

アップルはハードウエアの製造と販売を主なビジネスとする企業だ。現在は、特にiPhoneにその収益の6割以上を頼っている。iPhone偏重の傾向は、人々が何らかの事情でスマホを使わなくなるまでは今後も変わらないだろう。

アップルにとって、スマホの次を担うハードウエアを生み出すことも重要だが、まずはスマホ周辺のサービスから多彩な収益を作ることが重要だ。Apple Payを中国市場に持ち込んだiPhone SEにはそんなチャレンジが込められているのだ。

もちろん、手数料で稼ぐビジネスモデルのターゲットは、中国市場だけではない。日本を含む世界の主要な市場で「手数料」の重要性は高まっていくだろう。あえて価格を安く抑えたiPhone SEには、人々を性能で魅了するハイエンドモデルとは違う、別の複雑な思惑が込められているのである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT