iPhoneをサクサク操作するための簡単裏技

指の動きは、なるべく小さく済ませよう

画面が大きくなると、片手で上から下までスワイプするのが難しい(写真:KY / PIXTA)

ユーザーインターフェースが直感的と評判のiPhoneだが、設定を変更することで、より快適に操作できるようになる。また、OSがアップデートされるたびに新たな操作方法が追加されているが、それを知らないまま使っている人もいるはずだ。

この連載の一覧はこちら

設定を見直したり、新たな操作方法を覚えるのは、“ちょっとした工夫”にすぎないかもしれない。ただ、それだけで効率が上がるのだから、やっておかないのはもったいない。素早く操作できるようになれば、ビジネスの効率化にもつながるだろう。ここでは、そんなiPhoneの操作性を上げる技を3つ紹介していく。

1.ソフトウエアボタンをホームボタン化する

物理キーの少ないiPhoneだが、ホームボタンはかなりの頻度で利用するので、劣化が気になる人も多いのではないだろうか。また、通知を見るときは画面上からスワイプ、コントロールセンターを開くときは画面下からスワイプと、指の動きも意外と多い。もう少しシンプルに操作したいものだ。

ボタン操作を画面上で行える「AssistiveTouch」

そんなときに便利なのが、「AssistiveTouch(アシスティブタッチ)」。もともとは画面をタッチするのが難しい、障害のある人などのために用意されている機能だが、操作を簡略化する目的でも利用できる。設定は、「設定」→「一般」→「AssistiveTouch」ででき、オンにすると、薄い色で中心に円が描かれた四角いボタンのようなものが画面上に現れる。

このボタンをタッチすると、画面上にメニューが展開される。標準では6つの機能が割り当てられており、上から時計回りに、「通知センター」「デバイス」「コントロールセンター」「ホーム」「Siri」「カスタム」となる。

次ページ「通知センター」をタップすると……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT