iPhoneをサクサク操作するための簡単裏技

指の動きは、なるべく小さく済ませよう

この「戻る」の操作は、「iOS 7」で初めて搭載された。以前からiPhoneを使っていたため、気づかなかったという人もいるだろう。画面内の「戻る」ボタンを押すより、効率的に操作できるため、クセにしておくと便利だ。ただし、アプリによってはこの機能が無効な場合もある。

3.対応アプリが増えた「3D Touch」を再確認

iPhone 6s、6s Plusから搭載された新たな機能が、「3D Touch」だ。以前からiPhoneを含めスマホは、静電容量式と呼ばれるタイプのタッチパネルを搭載してきた。これは、指を触れたときに発生する電気を検知する技術。これに、感圧式と呼ばれる、圧力を測る仕組みを組み合わせたのが、「3D Touch」だ。これによって、iPhone 6s、6s Plusは、画面をグッと押し込む操作が可能になっている。

とはいえ、これまでのタッチやフリックに加えて、新たな動作がひとつ追加されてしまった。“押し込む”という操作に慣れていないと、瞬時に指が動かないかもしれない。そのため、せっかく搭載されている3D Touchを使わないままでいる人も多いだろう。

ただ、それでは宝の持ち腐れだ。すべての機能を使う必要はないが、慣れるためにも、使いやすいものだけは普段の操作に取り入れておくといい。中でもオススメなのが、アプリのアイコンを押し込む操作。対応しているアプリであれば、深い階層にある項目を直接呼び出すことができる。

iPhone 6s、6s Plusが発売された当初は対応していなかったアップル純正アプリも、徐々に3D Touchが利用できるようになってきた。「設定」アプリも、そのひとつ。このアイコンを長押しすると、「バッテリー」「Wi-Fi」「Bluetooth」の3つが表示される。このメニューをタップすると、それらの画面をダイレクトに表示できる。

「設定」にも3D Touch用のメニューが加わっている

Wi-FiやBluetoothのオン・オフはコントロールセンターからも行えるが、接続先を変更するときなどに活用するといい。「バッテリー」をタップすると、一時的に消費電力を抑える「低電力モード」の設定画面を、一発で開くことができる。この設定はコントロールセンターからは行えないため、覚えておくといいだろう。

ほかにも、「写真」を押し込むと最新の写真を開いたり、検索画面を呼び出したりできる。「時計」から、アラームを作成したり、タイマーを呼び出したりといったことも可能だ。サードパーティアプリの中にも、アップデートで対応したものがある。以前は使えなかったアプリでも、あらためて確認してみる価値はありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT