iPhoneで今より高速に文章を作成する裏技

変換は「かな」か「ローマ字」1つしかいらない

このように考えると、初期設定のキーボードは、少々無駄が多い。地球ボタンをタップしてキーボードを切り替えようとすると、使わないものが間に出てきてしまうし、長押しも急いで文章を打っているときには、操作の妨げになる。そこで、利用するキーボードを、整理しておくことをおススメしたい。

使わないキーボードは、表示されないように設定で削除しよう

設定は「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」で行う。この画面で「編集」をタップすると、キーボードの削除が可能になる。不要なキーボードを減らしておけば、入力の効率が上がるため、使い方に合わせて整理しておくといい。

また、ビジネスで利用していると、日本語や英語以外が必要になるケースもあるだろう。このようなときも、同じ画面でキーボードを追加できる。iPhoneは世界各国で販売されており、ソフトウエアは基本的に共通のものが用いられている。さまざまな国のキーボードを追加できるのは、そのためだ。こうしたiPhoneの魅力を引き出すためにも、キーボード設定は押さえておきたい基本と言える。

2.ビジネスメールで活躍する「ユーザ辞書」

フリック入力のように、新たな日本語の入力スタイルを普及させてきたiPhoneだが、残念ながら、変換の精度はあまり高くない。改善されてきてはいるが、希望する候補がすぐに出ない経験は誰でもあるはずだ。特に、専門用語や業界特有の用語などは、一発で変換できない場合が多い。

そこで、頻繁に使う用語は、「ユーザ辞書」に登録しておこう。読み仮名と漢字を入れておけば、きちんと変換してくれる。なお、人名に関しては、ユーザ辞書に登録しなくても、「連絡先」に漢字と読み仮名を入れておけば、変換候補に出てくるので、連絡先に登録する際は読み仮名まで登録したい。

実はこの機能は、ビジネスメール作成に役立つのだ。

次ページビジネスメールへの応用方法とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。