iPhoneキーボード、「軽量版」の真打が登場

折り畳める180グラムは邪魔にならない

マイクロソフトから発売された「Universal Foldable Keyboard」。超薄型、軽量、コンパクトなデザインで持ち運びもラクだ

普段はスマートフォン、タブレットで充分だが、いざという時にキーボードが欲しい。そんなビジネスパースンは少なくないようで、手軽に使える折りたたみ式キーボードのレビュー記事への注目はとりわけ高い。

以前にも本連載の中でマイクロソフト製のミニキーボード「Universal Mobile Keyboard」を紹介したことがあった。マイクロソフトはキーボードやマウスなど入力機器の老舗メーカーという一面を持っており、優れた製品ラインナップを取り揃えている。

この「Universal Mobile Keyboard」も、キーボードカバーが端末スタンドとキーボード自身の電源を兼ねる、という凝った設計。これ1台あればWindows、iOS(iPhone/iPad)、Androidのすべてに対応。3台の端末を切り替えて利用できる優れものだった。

いつでも持ち運べるかどうか

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

なかなか本格的な、打ちごたえあるキーボードである。携帯用としては抜群に使いやすい機能性を備えているキーボードと言える。しかし、一方で重さは380グラム。折りたたむこともできないため、持ち運びをするには覚悟が必要だ。”必ず使う”のであれば持ち歩きたいが、”使うかもしれない”程度ならば、家やオフィスに置いていきたい製品だろう。

これに対して今回紹介するマイクロソフト「Universal Foldable Keyboard」は”たまにキーボードを使いたい人なら、つねにカバンの中に入れておきたい”、すなわちもっとカジュアルに使える携帯型キーボードだ。

次ページコンパクトで軽量
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。