見て触ってビックリ!新型iPhoneの衝撃進化

やはりアップルの「主役」はiPhoneだ

Apple Watchと同系色でコーディネートができる

アップルが2015年9月9日に開催したイベントは、盛りだくさんの内容だった。発表内容を時系列に発表内容を振り返ると、次のとおりである。

Apple Watch Sportに、ゴールド・ローズゴールドの新色が登場し、各モデルにバンドを追加。エルメスとのコラボモデルが13万円から登場。
12.9インチ、A9Xを搭載するiPad Pro登場。6.9mmの薄型ボディとiPad Air 2の2枚分に相当する広大なディスプレイ、4スピーカーを搭載。滑らかな書き心地と本物のペン先を再現するApple Pencil、キーボードつきカバーSmart Keyboardも登場。
第4世代Apple TV登場。64ビットA8プロセッサを搭載し、iOSから派生したtvOSによって、開発者がアプリを提供できるようになった。Bluetooth接続のリモコンではSiriをサポートしたうえ、加速度センサーを備えてゲームプレイもサポート。
iPhone 6s/6s Plus登場。A9プロセッサ、1200万画素カメラで4K録画とLive Photoに対応、圧力を感知する3D Touchディスプレイを搭載、ローズゴールドの新色が登場。
(おまけ)OneRepublicによるライブ3曲。

最も印象深かったのは、やはりiPhone

特にiPad Proは全く新しい製品カテゴリであり、SiriやゲームをサポートするApple TVは、リビングルームを変革する大きな材料となり得る。これらの製品については、後日掘り下げていきたい。

筆者が発表会に参加し、すべての製品に実際に触れてみて、最も印象深かった製品はiPhone 6s、iPhone 6s Plusだった。

次ページ事前の情報と比較すると、ほぼその通りだった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT