見て触ってビックリ!新型iPhoneの衝撃進化

やはりアップルの「主役」はiPhoneだ

3D Touchは、SiriやTouch IDなどのこれまでセカンドモデルのiPhoneに搭載されてきた新しいインターフェイスのように、必ず覚えなければならない操作方法ではない。実際のところ、一切使わなくてもこれまでどおりiPhoneを快適に利用できるはずだ。

しかしひとたび3D Touchの使い方を覚えると、目的に対して1ステップずつ操作を減らすことができ、心地よく快適な操作が可能となる。

押しつけではなく、自然な習得の中で、人々をiPhoneから離れられない「指」へと変えていく、そんなすごみのある新機能が、3D Touchの正体と言える。ここに、iPhoneが人々を持続的に魅了する方法論を、垣間見ることができるのだ。

前作とデザインが変わらないiPhone 6sだが、アルミニウムもガラスも、素材が変更されている。より硬度の高い7000シリーズのアルミニウムと、丈夫なIon-Xガラスの組み合わせは、Apple Watch Sportのそれと共通している。

合わせたのは素材だけではない。今回同時に発表されたApple Watch Sportには、iPhone 6sと同じカラーバリエーションになるよう、ゴールドと、ローズゴールドが追加された。

完璧なコーディネートが可能に

これにより、Apple Watch Sportのユーザーは、自分が持っているiPhoneの色とApple Watchの色を完璧にコーディネートすることができるようになったのだ。

Apple Watch自体が、iPhoneを前提としたウェアラブルデバイスであることから、カラーコーディネートができてしかるべきプロダクトではあったが、スマートフォンとウェアラブルデバイスを、素材感から色味まで統一させることができるのは初めての事例ではないだろうか。

Apple Watchの新色については別の原稿に譲るが、ゴールド、ローズゴールドともに、控えめに光るよい雰囲気を醸し出しており、人気を博しそうだ。

Apple Watchのローズゴールドに合わせたいから、とiPhone 6sのローズゴールドを選ぶ顧客が出てくれば、Apple Watchがきちんとその役割、すなわちiPhoneを使う理由を強化することを、果たしてくれることになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT