見て触ってビックリ!新型iPhoneの衝撃進化

やはりアップルの「主役」はiPhoneだ

iPhone 6sを発表するテイム・クックCEO

確かに事前の情報と答え合わせをすると、ディスプレイの解像度向上といううわさ以外はそのとおり実現しており、驚きが薄い発表会だったと振り返る読者も多いだろう。

しかし、iPhone 6sは、世界中で売り上げが伸び続けるハイエンドスマートフォンとしてのブランドを堅め、さらなる独走態勢を作り上げる、緩やかに競争力を発揮していくプロダクトになると予測できる。

驚き!3D Touchの心地よい衝撃

ハードウェアで最も大きな変更点は、圧力を感知できる3D Touchディスプレイの搭載だ。

まずは、想像してみて欲しい。

アプリを起動するとき、メールを処理するとき、ウェブブラウジングで気になるリンクを発見したときなど、日常のほぼすべての操作において、画面遷移が2回ずつ、タップ数が3〜4回ずつ、それぞれ減るのだ。

これが、3D Touchを備えたiPhone 6sの衝撃だ。

今までの作業が毎回、より少ない操作でこなすことができるということだ。しかも、指の動きをきっかけに、画面の動き、振動が心地よく連携してくれる。

これまでもマルチタッチディスプレイでの操作に慣れてきたと思ってきたが、3D Touchの使い方を覚えた瞬間、今までで最も「iPhoneを操っている」と感じられた瞬間が訪れるのである。

感圧式のタッチパネルを先に採用していたApple Watchでは、押し込む動作をForce Touchと呼んでいたが、iPhone 6sの3D Touchでは、1段階ではなく、「タップ」「押し込む」「さらに押し込む」という3段階のタッチを検出できる仕組みとなった。押し込みながらスワイプ、といった動作も認識できる。

ハードウェアだけでは使いやすいインターフェイスは作れない。3D Touchのもうひとつの要は、ソフトウエアだ。

次ページ3D Touchはどのように使うのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT