「負のオーラを放つ部下」はこうすれば蘇る!

上司の仕事が辛くなったあなたへ

まずは、「『何でも言ってくれ』と言うのを変える」について。本来、部下に仕事を任せる以上、あなたがしっかりと手本を見せなければなりません。でもそれは難しいですよね。もしそれができるくらいなら、今の悩みも少しは楽なはず。

「何でも言ってくれ」と言うのを変える

でも安心してください。部下に任せる仕事を自分でも全部できる上司は、実際にはあまりいません。だからこそ、せめて部下に仕事を任せるときには、コミュニケーションのひと手間を惜しんではいけません。そのひと手間とは、部下の疑問点をしっかりと聞いてあげること。

でも、ただ疑問点を聞けばいいという訳ではないのです。ここでも聞き方にはコツがあります。

「何か問題点はありますか?」「何か困っていることはありますか?」

このような聞き方をしていないでしょうか。

「メールでも構わないから、思うところを何でも私に言ってくれ」

かなりチャレンジングな上司ですね。このような聞き方をすれば、問題点が20個も30個も出されることだってあるからです。

これは聞き方を間違えているからです。「問題点」とは、目標と現実との差(ギャップ)のこと。つまり、現実だけを見るのではなくて、目標との差を見ることが大切です。このように「問題点」とはどういう意味かをはっきりとさせたうえで聞くようにしましょう。

「現状と目標とのギャップはなんだろうか?」「現実と目標とに差があるのはなぜだろうか?」

すると、問題点を20個も30個も挙げていた部下が、今度は問題点をひとつも挙げられないということもあります。なぜならば、先ほどの20個や30個は問題点ではなくて、単なる愚痴だからです。

次ページ2つ目「ポジティブな内容以外に反応しない」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。