「負のオーラを放つ部下」はこうすれば蘇る!

上司の仕事が辛くなったあなたへ

それは、部下の肩に軽くふれること。

部下の肩に軽くふれる

部下の席を通るとき、部下の肩に軽く手を乗せるだけでいいのです。
もし声をかけられるなら、

「どうだ?」「進んでいるか?」「頑張れよ」

などの一言を温かく添えましょう。もし言いにくければ、最初は無言のまま部下の肩に軽く手を置くだけでも効果があります。

もちろん、部下が異性の場合は隣に座るなどのやり方にしましょう。隣に座って、「よろしく頼むな」などの一言を添えると効果があります。隣に席がなければ、部下の隣にしゃがみ込めばいいだけです。また、このような言い方をすれば、たとえ部下から返答がなかったとしても違和感を感じさせません。たとえすぐに変化がみられなかったとしても、間違いなく部下の心を動かします。

もし手の止まっている部下がいたら、軽く肩にふれながら、

「ちょっと見せてみて」「何か困っているのかな?」

と気軽に声をかけてみましょう。

その問題をあなたが解決できるかどうかは関係ありません。部下もそのようなことを求めているわけではありません。ただし、これはハウツーやテクニックではありません。ただ形だけやれば良いというものではないのです。大切なのはあなたの気持ちの持ち方。まずは心の中でイメージしてみましょう。

――部下の肩に手を置いて、部下と目が合ったらお互い微笑む姿――

そんなことは現実には起こらないかもしれません。でも想像の中だけでいいのです。イメージの中で成功したら、勇気を出して行動してみましょう。通りすがりに、部下の肩に軽く手を置いてみます。

温かい気持ちを添えて、――ポン! 頑張れよー(~心の中での叫び~)

あなたの気持ちは、きっと部下にも伝わるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。