膨大すぎるママ友LINE合戦を「抜ける」方法

天気や夕飯の話が延々届く…

確かに行けなかったのは私の不手際だけれど、あなたに子育て指南されたくないわ! と返信したくなりました。でも、勢いで返信するとロクなことにならない。2時間くらい時間をおいて、息を整えてから、「心配してくれてありがとう。よく考えます」とだけ返信しました。それからも普通にやり取りしているのですが、今でもどこかで「私の価値観を否定した人」と思ってしまっている私がいるのも確かです。「大きなお世話」は、ママ友との関係を悪化させることもあるんだと学びました。

「違ってるなー」でいい

あなたのご相談文を読んでいると、「同じワーキングマザーって言うけど、あんなにLINEやるほど暇じゃないわ」という批判めいた感情を感じてしまいました。そんなことをうっかりどこかで発言したら、必ず、彼女たちの耳に入ると思った方がいい。耳に入ったら困ることは言っちゃいけない。直接でも間接でも。彼女たちにはそれぞれの「働く」形や理由があるのだから、あなたの価値観を押し付けるようなこともしてはいけません。「違ってるなー」でいいのです。

これまでよりずっと価値観の違う人たちと人間関係を作る、幅が広がる機会だととらえれば、もしかするとママ友から一生の友人になる人と出会えるかもしれません。目安は、子ども同士がどんな関係になっても、「子どもは子ども。彼女は彼女。彼女が好き!」と思えるかどうか、だと私は思います。その前提で、もちろん、そういった人間関係とは関わらずにやっていくこともできます。でも関わりを持ちたいなら、自分なりにルールを作って、なるだけ他意なく傷つけあうことのないようなコミュニケーションを心掛けるべきでしょう。

男性たちはこうした話について「くだらない」「暇だからできる」とかすぐ言うけれど、こういったことも地域で生活していくための「人間修業」のひとつ。失敗したら反省して謝って、次から気を付けていくだけです。これまでの自分の言動を振り返って、コミュニケーションのマイルールづくりをしたら、トライ&エラーも覚悟して、明るく果敢にママ友と付き合っていきましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。