ワーママが絶対通る「泣き言期」を脱する方法

「もう限界!」と騒いでも解決にはならない

私も「泣きごと期」を迎えたメンバーとは、課題の整理から始め、「どうしたい?」「何をすべき?」とよく話し合いをしました。最初はごちゃごちゃの感情でも、次第に整理できていき、できる支援をさせてもらうことで、いつの間にか「泣きごと期」を通り抜けることはよくありました。一緒に考えてくれる上層部や人事の人を見つけていくことも重要ですね。

自分のことでもビジネス的に考える

あなたが両立生活を困難だと感じる一番の問題はなんでしょう? どうしたいのでしょう? そのためには誰と協議して、何を求めていくべきでしょう? 「辞めろってことかなぁ」などと考えて、「辞めてやる!」と思えるのならともかく、そうでないのならくよくよしていたって仕方ない。

あなたの大変さはよくわかります。私も通ってきた道ですもん。だからこそ、自分ひとりで抱え込んで、感情のブラックボックスに入りこみ、堂々巡りのサイクルに陥ってしまうのがいかに危険か知っているつもりです。長くビジネスの世界にいるんですから、自分のことでもビジネス的に考えること。冷静にきちんと課題を棚卸しし、どんな優先順位で解決していくか、改善策の選択肢はどんなものがあるか、考えていくようにしましょう。

ものすごい上昇志向なんてなくたって、育児と管理職を両立することは十分にできるはず。第2子を諦める必要はまったくないし、時短社員になる条件だって合致しているかもしれない。30代後半の管理職経験ある女性の求人マーケットは活性化しているはずだと思うし、ご主人もあなたを気遣って家庭でのチーム体制について何か案を持っているかも。

同僚の「辞めたらいいのに」の言葉は、「彼女なら乗り越えてお手本になってくれると思っていたのに」の裏返しかもしれない。一つひとつ考えていけば、一つひとつきちんと「できること」が見つかると私は思う。「どうすればいいでしょう?」はやっぱり幼い質問の仕方です。辛くてたまらないときだからこそ、「じゃ、どうしようか」と考えてほしいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。