「妊婦のつらさ」は"3つの習慣"で軽くなる

「ゴッドハンド」が高齢出産で大事にしたこと

会陰のマッサージは慣れないと難しいかもしれませんが、出産時と出産後のダメージを最小限にするために、安定期を過ぎたころからぜひ行ってみてください。このマッサージにおいても、すべりをよくして潤いとしなやかさを与えるオイルは必須です。ただデリケートな部分なので、エッセンシャルオイルなどがブレンドされていない、ピュアなホホバオイルなどを選びましょう。

妊娠期間はいつも以上にマッサージが役に立つことを実感しました。自分の体を触ることは、自分の体と対話するということ。体の変化に敏感になりますし、お腹の赤ちゃんの変化を感じとることはうれしいものです。

POINT
□ 高齢妊婦は会陰マッサージが必須
□ ピュアなオイルを使うこと

いちばんかけがえのないものは

『43歳、最高の出産 ~楽しい妊婦生活&安産のためのアドバイス47』楽しい妊婦生活、安心できる出産とは? 髙橋ミカさんが実際に気をつけたこと、悩んだこと、してよかったこと――何を食べ、飲んだのか、どんな運動をして、体のケアはどうしたのか、どんな出産と育児の準備をしたのか――といった実体験をベースに、産婦人科医と管理栄養士からも、さらにアドバイスをいただきました

私の専門分野からおすすめを3つ提案しましたが、最後にお伝えしたいのは、不安な気持ちの乗り越え方です。高齢での妊娠、出産はリスクの面ばかりが注目されて、私たち妊婦の側もどうしたってそれを重く受け止めざるをえません。

でも、自分がおおらかにかまえていないとお腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまうのでは? と発想を変えるようにしました。「楽しい妊婦生活を送ろう」「自信をもって赤ちゃんを迎えられるよう、体にいいことをなんでもしよう」と前向きな気持ちを心掛けました。それはお腹の中にいる赤ちゃんに伝わっていたはず、と思っています。

そうはいっても、不安に思う気持ちが完全になくなるわけではありません。いつどんなトラブルがあるかわからないと怖くなったり、仕事は続けられるのか、育てていけるのかと急に悩んだり、さらにこの不安そのものがストレスとなって体によくないのではと落ち込んだり……。

そんな私をつねに支えてくれたのが、多くの友人や一緒に働くスタッフです。「大丈夫だから」「フォローするから」と声をかけてくれ、それが何よりも心強く、また前向きになれたのです。そしてそれは母となった今も変わりません。

※マッサージを初めて行うとき、カッサなどを使用するときは、必ず医師と相談しましょう。アロマオイルを使うときは効能に注意して選んでください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。