「スタバ」が英語を学ぶ人に最高の場所なワケ

自分の英語力を試してみたいと思うあなたへ

英会話を試したい人にスタバがオススメの理由とは?(撮影:風間仁一郎)
せっかく英語を学んでいるのに実践で使う機会がない!と思っている人は少なくないでしょう。そう簡単に海外旅行ができるわけでもないし、外国人の友達がいるわけでもない。そんな人こそスタバに行くべき!と、ニューヨークで漫画家として活躍する傍ら、『落ちこぼれだった私がペラペラになれたすごい英語勉強法』を執筆したミサコ・ロックスさんは言います。その理由とは何でしょうか。

私はかつて英語が苦手でした。「This is a window」。こんな文章を繰り返すような学校英語では英語なんて一生話せない気がしていたからです。それから独学で英会話を始めたものの、当時住んでいた埼玉県の郊外では外国人と接点があるわけでもなく、途方に暮れていました。

外国人がスタバに集まってくるワケ

この連載の過去記事はこちら

が、今はあの頃と状況が違います。外国人観光客や留学生などのおかげもあり、かつてないほど日本で外国人と接する機会が増えています。英語を学びたい人にとってこれがどういう意味かというと、自国で英語を話す絶好のチャンスが目の前に転がっているということです。

といっても、街中で観光中の外国人にいきなり話しかける勇気はない……というあなたにオススメしたいのが、いまや日本47都道府県にあるスターバックスコーヒーです。

え、あのスタバ?という感じかもしれませんが、これには理由があります。外国から来る友人たちが必ずといっていいほど訪れる「定番スポット」、それがスタバだからです。観光中に疲れたから座りたい、Wi-Fiが使いたい、トイレに行きたい……そんなとき自然とスタバに立ち寄っているようです。

なんせスタバはいまや世界中にあるカフェ。そんなスタバを日本で見掛けると安心するのだそうです(これは日本人が外国を訪れたときもそうかもしれませんね)。また、日本のスタバは清潔感があり、席数も結構多い。世界中にあるスタバですから定番ドリンクメニューはほぼ一緒。英語でメニューを伝えればいいわけですから、日本語が話せなくても大丈夫。スタバの店員さんもなぜか英語ができそうな雰囲気を漂わせています。

次ページもう1つ外国人を魅了するのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。