定番だけど深い!サンドイッチ界の劇的進化

「ひと目」「ひと口」で多くの人をわしづかみ

横地尚子さんが作るPOTASTAのサンドイッチは新鮮な野菜たっぷりでアピール力十分。ヘルシーさと華やかさが伝わってくる

2015年、サンドイッチ界(というのがあるのかは知らないが)に一種のブームが訪れていたことをご存知だろうか。

クックパッド編集室の草深由有子編集長は次のように解説する。「2015年2月、『沼サン』がInstagram(インスタグラム)で話題になっていることを編集部員が見つけて、食や暮らしのトレンドを伝えるクックパッドニュースで取り上げた。最近は、流行中のちぎりパンのサンドイッチ、寒くなってきてからはホットサンドが人気を集めている」

インスタ発大ヒットとなった、男の時短料理

これは基本+キャロットラペの沼サン

火付け役となった「沼サン」は、陶芸家の沼夫さんこと大沼道行さんが主に朝食のため作っているサンドイッチのことで、命名したのは奥様の大沼由樹さん。

「10年前くらいから自分のサイトでときどき紹介していました。たまたま同じ時期に、何人かの友人から作り方を教えてと言われて。一人ひとりにメールするのが面倒だったので、レシピを自分のインスタグラムに載せました。それがきっかけでしたね」

そこからの展開は早かった。最初は道行さんの器を扱っているショップや由樹さんの知り合いがフォローしているだけだったが、「沼サン」タグは急速に増えていき、6月には宝島社からレシピ本が出版され、11月30日に発表された「クックパッドアワード2015」では5位に入った。

次ページ沼サンの特徴は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。